将来に希望がないと答える若者と、かっこ悪い大人たち。時代は誰が変えるのか?

☆いつもありがとうございます!応援クリックして頂けるとうれしいです☆
人気ブログランキング

将来に希望がないと答える若者と、かっこ悪い大人たち。時代は誰が変えるのか?

ゆっくり変わっていった価値観

バブル崩壊後、
日本の経済が縮小に転じました。
 
その時から人々の価値観が
ゆっくりと変わりはじめました。
 
今から20数年以上前のその時が、
自分らしく生きる時代へと
価値観を変える最初のチャンス
だったと思います。

一気に価値観が変化している今

そして今は、
多くの人の考え方や価値観が
一気に変化している時代です。
 
日本だけでなく世界中で起こってます。

ガラパゴスだった国政や社会、企業が
この変化に追いついてません。
 
ぬるま湯に使っていた
多くの大人たちが、
猛烈に危機感や不安を
つのらせています。
 
それが今の日本の
全体の雰囲気を作っています。
 
希望よりも
不安が大きい雰囲気です。

  
しかし成功を願う人は、
この雰囲気に飲まれてはいけません。
 
不安にフォーカスするのではなく
明るい未来や希望にフォーカスしよう。
 
いくらでも未来は変えられるし、
本気で願う望みは叶うのだから。

「やらなければならないこと」で仕方なく生きている、かっこ悪い大人たち

危機感や不安感で動いている大人たちの
感情や表情は暗いです。
 
何かやらないといけない、という
やらなければならないタスクで
生きているからです。
 
最優先が「やりたいこと」ではなく、
「やらなければならないこと」で
仕方なく生きている
そんなかっこ悪い大人たちを見て
若者がどう感じるだろうか?

日本・韓国・アメリカ・英国・ドイツ・フランス・スウェーデンの計7か国の中で、日本の若者が一番招待に希望がないという調査結果

内閣府が平成26年に発表した
日本と諸外国の若者(満13歳〜満29歳)の
意識調査があります。
 
日本・韓国・アメリカ・英国・ドイツ
フランス・スウェーデンの計7か国の中で、
「将来への希望」を持った若者の割合が
もっとも低いのは悲しいかな、日本でした。

  
「将来に希望がない」
と答えた日本の若者の割合は、
フランスの約2倍強、韓国の約3倍、
アメリカやスウェーデンの約4倍と
圧倒的に多いのです。

  
時代は誰が変えるのだろう?
 
まず自分からではないだろうか?

  
自分ができてないのに、
国や社会や他人のせいにしても
なにも変わらない。
 
まずは自分の力で考え、行動しよう!

☆最後までありがとうございます!
少しでもお役に立てましたら、たまに応援クリックして頂けますとうれしいです!☆


人気ブログランキングへ

関達也の10万人突破の無料メールマガジン「年収1000万円マイクロプレナー®成功法」を無料でお届け! 矢印 *お名前(苗字):
*メールアドレス:

 

この記事の著者

関 達也

人生を変える・ひとりネット起業の専門家
ひとり起業コンサルタント&プロデューサー
マイクロプレナー® 関達也(S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役)

3度のどん底から一人でインタネットを使って自宅の一畳半から億を稼ぐ。ひとり起業を推奨しながら、幸せを探求し如何に生きるべきか説く。
自由な真の成功者を増やすため、メルマガ8万部の情報発信や全国セミナー講演、私塾「せき塾」開催。
宮崎を拠点に10年前から年間1000〜8000万円を稼ぎながら、日本や海外を飛び回る。
現在、宮崎✕東京デュアルライフ中。3児のパパ。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

人気の記事

  • 人気の記事